×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ひざ関節の悩みに!

 ヒアルロン 酸

ヒアルロン酸には、関節の動きを改善する作用があります。また、ヒアルロン酸自体にも、炎症や痛みを抑えるはたらきがあるのです。ヒアルロン酸は、もともと、私達の体に含まれている成分で 、ヒアルロン酸は、関節軟骨の細胞の栄養剤のやくわりを担い、関節液の主成分として粘性・弾性を生み出しています。ところが、40歳代以降から特に50歳代以上になると、体の中のヒアルロン酸の量が急激に減ってしまいます。 これが老化で、加齢とともにヒアルロン酸は、体の中からどんどん減ってしまうのです。特に変形性膝関節症等で膝に炎症がおこると、関節液であるヒアルロン酸の濃度が低く なり骨と骨がぶつかるなどしてあの痛みが発症するのです。ですから、その足りなくなった分のヒアルロン酸を外から体の中に補給してあげなければ改善は望めません。外科的な手術等は即効性はあるもののリスクも大きく、それなりの覚悟も必要となります。適度な運動によってひざ周辺の筋肉を鍛えることでも防ぐことはできるようですが、加齢によるヒアルロン酸の減少にはサプリが有効だと思います。                                飲むヒアルロン酸 「皇潤」のウィンドウショッピング
 
 コンドロイチン

「コンドロイチン」という名前は、「コンドロス」という「軟骨」という意味のギリシャ語から来ています。コンドロイチンはからだのあらゆる組織に存在していますが、最も多くコンドロイチンが含まれているのは関節の軟骨 なのです 。加齢に伴ってからだの水分量はどんどん減少していきます。最近神などを数える時、滑ってしまい指先を湿らせなければ数えることができなくなったと感じたら、それは確実な老化で、保水力がかなり低下していることを意味します。風呂上りなどクリームを塗らなければ肌がカサカサなのはそのせいです。肌でさえこんな状況ですから、これが軟骨となるとかなりの衝撃を吸収するためにはそれなりの厚みと水分量が必要になります。ここでも、水分を吸収する役割の成分であるなりコンドロイチンを外から補給してやる必要があります。そして、おすすめはグルコサミン を同時に摂取することなのです。グルコサミンは軟骨を作る材料になる成分でコンドロイチンが水分保持をコンドロイチンがその材料ということになります。                      
                                                                                                                  サントリーで検索
 
 グルコサミン

グルコサミンは、細胞や組織を結合したり、軟骨を再生する働きを持ち、軟骨や腱などに広く存在してます。 グルコサミンも、コンドロイチンと同じように、若い間は体内で生成されますが加齢とともに生成量はどんどん減少してしまいます。そして、加齢にともなって、外部から摂取する際には、グルコサミン とコンドロイチンを一緒に摂った方 が相乗効果が期待でき、有効な摂取方法といわれております。最近では、様々なサプリが販売されており、DHCの「らくらく」 のような、それぞりの期待成分をバランスよく配合してある サプリメントも数多く出ているので効率よく摂取できると思われます。                                            
                                                                                                                  サントリーで検索
 
 コラーゲン

コラーゲンは、体全体、臓器などの形を作り、支え、結合したりする働きを持ちます。美容において効果や効能があることはよく知られていますが、何より私たちの体をつくる上でとても重要な働きをしてくれるのがコラーゲンなのです。お肌の弾力、つやなどを保つ働きをするコラーゲンはサプリ商品として化粧品や健康商品・サプリメントやドリンクなどが販売されています。コラーゲンは食品などから摂取すると体内においてアミノ酸に分解され、必要に応じてあらゆるタンパク質に再合成されます。コラーゲンを摂取したからといって体内でコラーゲンになるとは限りませんが、コラーゲンを摂取することで、コラーゲンの新陳代謝が良くなり、再度コラーゲンとして合成されるということも分かってきました。ひざや関節に関しては、骨と骨の間のクッション材としての働きはご承知のことかもしれませんね。コラーゲンは、グルコサミン同様、膝の関節を形成する部位の構成成分のひとつでありますが、グルコサミンとの違いは、膝の形成の大部分がコラーゲンであるという事です。多くの製品がこのコラーゲンとグルコサミンを同時に摂取できるものが多いのは、コラーゲンがクッション材として、グルコサミンがその潤滑油的働きを担っているからなのです。
                                                                           ファンケルで検索                通販通で検索

| 健康羅針盤TOP | 通販通 | お得サーチ | 人気商品研究室 |