×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二代目管理人BIKE

健康羅針盤

は、自転車を通して節約や脂肪燃焼、腰痛・便秘・二酸化炭素削減など自転車の持つ素晴らしい力を紹介し、人生そのものを見つめ直すお手伝いをするサイトです。管理者の実経験から、健康維持・増進・ダイエットなどの有効な手段として、あるいは、経費節約の手段としてなど、様々な自転車の素晴らしさをお伝えできればと思い構成しております。また、毎日の自転車通勤で40000km以上走ってきた経験と知識が、少しでも皆様の一助となれば幸いです。
・・・健康羅針盤 ・・・
注1:防犯登録のススメ
自転車の盗難の防止及び放置ならびに盗難自転車等を所有者に返還することを目的としています。そして、住居地の最寄の防犯登録
所(自転車組合加盟店等)で登録出来ます。

注2:確実な施錠
自転車の盗難が後を絶ちません。まず大切なことは盗みにくそうと思わせることだと思われます。カギの種類は色々ありますが最低2個はかけるように心掛けましょう。

注3:保険加入
最近では、自転車同士や歩行者との接触事故から、車との大小な事故まで、事故が急激に増えている。死亡事故に至った場合などは被害者の年齢にもよるが補償面でかなりの高額保障金額を請求されるケースなども出てきているらしいので自転車は気軽に乗れる乗り物という言い方は正しくなくなってきているような気がする。そこで、自転車の為の保険に急いで加入してみたので、保険に関する緊急報告をしてみたいと思う。みなさんもぜひ加入して、楽しい自転車ライフを安心してお楽しみ下さい。⇒⇒⇒自転車保険を知る
    

<<おすすめ健康リンク>>
    人体実験         基礎代謝量     心肺機能
  
ひざ関節痛       健康ガイド       健康計画する
   頚椎ヘルニア    ミトコンドリア   抗がん・免疫力・抗酸化
   長寿遺伝子をオンにする           新成分プロテオグルカン


>>管理人自虐ネタです。
 

東日本大震災により被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。大震災に関しては、以前から指摘されてきましたが、もう一度地震に関して基礎的な事を知っておくことも重要だと思います。
   ⇒地震の歴史
   ⇒地震のメカニズム

<<自転車の効能>>
●全年齢対象有酸素運動...

サイクリングは、ウォーキングと 同じように、充分 酸素を取りながらできる 心臓への負担の少ない有酸素運動であり、腰や膝への 負担が少ない ので肥満の人や高齢の方でも無理なくできる脂肪燃焼運動です。●腰痛に効く...適度な運動は腰周辺の筋肉を無理なく鍛え 同時に凝り固まった筋肉を ほぐすこともできますので、腰痛に効果絶大なわけです。
●足は第二の心臓。効率よく鍛える...
足は心臓から最も遠くにあり、しかも体の下方に位置しているため、血液を 送るにももどすにも力がたくさん必要で、心臓の力だけでは不充分です。 このポンプの力を補ってくれるのが「歩く」という運動です。歩行は足(脚)の 筋肉を使うことで筋肉を複雑に使い伸び縮みさせ、血行が促進されます。 この心臓の働きをサポートする第二のポンプ、それが足の役目であり、 歩けば歩く(こげばこぐ)ほど "血の巡り"が良くなり、そして、鍛えられ た足は就寝中も効率よく脂肪を燃やすとまで言われます。これが、足が "第二の心臓"と言われるゆえんなのです。
●自転車は脳を活性化し、ストレス解消...
自転車は走ることで気分転換でき、日頃のストレス解消にとても効果的 です。自転車に乗りペダルをこぐという動作は大脳を刺激 し活性化します。 さらに平衡感覚が必要となる為、筋肉や神経の絶妙なバランスを必要とし ます。これらのことを総合して行うことにより、脳が活性化されるわけです。
●抜群のダイエット効果...
こぐことで足のみならず、全身の筋肉を動かすことは多大な脂肪燃焼効果が あります。自転車はジョギングよりも膝や足への負担が圧倒的に少ないため 太った人でも無理なく長時間楽しめ長続きすることもできるので、ダイエット 効果抜群です!ただし、自分のペースで行うことも忘れてはなりません。
●便秘の特効薬...
規則正しい運動を続けるだけでも効果はありますが自転車をこぐという動作が 腸のぜん動運動を活発にし便秘に抜群の効果を発揮します。特に女性や 便秘症の方にも絶対オススメです。
●地球温暖化対策...
ガソリンをまったく使わず、二酸化炭素の排出量も息のみと地球に優しく、 家計にもやさしい現代に最も適した乗り物だと思います。絶対にオススメです。 最高にエコだと思います。
●自転車体験レポート...
実体験に基づく自転車の効能とエコレポートを公開中!⇒ここから 更新!
安心して自転車を楽しむためにも!(下のリンクで確認)
●長寿遺伝子のスイッチをONにする...
サーチュイン遺伝子という、寿命を延ばす遺伝子がミトコンドリアの中にあることがわかってきました。これは 普段は眠っているのですが、飢餓状態や持続的に運動することによってスイッチが入り100種類以上もの老化要因を抑えてくれるそうです。 人間も30%以上のカロリーを制限するとサーチュイン遺伝子[酵素の一種で、老化を抑制する機能を持つとされるタンパク質]がONになるそうです。動物実験では20〜30%も寿命が延びる事が確かめられています[NHKでも特集された]。 ただそれには、30%ものカロリー制限を続けなければならないのでかなりの精神力を必要とするわけです。しかし、自転車に乗ることでカロリーを減らし、スイッチをオンにすれば若々しくいられるらしいのです。⇒ ⇒ ⇒ 長寿命遺伝子のスイッチとは

■現在頸椎ヘルニア(ストレートネック)のため治療に専念しておりますので、
   少々お待ちください。頸椎狭窄についてはここからどうぞ!!